垣通

かきどおし/かきどほし
晩春
馬蹄草/疳取草/連銭草

【解説】
全国に分布するシソ科の多年草。草地や畦、道端などに生える。晩春、茎が立った状態で紫色の唇形の花をつけるが、やがて茎はたおれて地を這うようになる。垣根を通りこして伸びてゆくことから、この名があるが、子供の癇をとるために使われたことから、カントリソウの名もある。葉は対生し腎円形。
【科学的見解】
垣通(カキドオシ)は、北海道から九州の山野や集落付近に分布する多年草である。香りが強く薬効効果も知られているため、乾燥した茎や葉を煎じてお茶として利用することができる。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。