海老根

えびね
仲春
蝦根/藪えびね/ししのくびすの木/山うばら/鈴ふり草/黄えびね

日本各地の山地や丘陵の落葉広葉樹林に生育するラン科の多年草。横に連なる塊茎を海老に見立ててこの名がある。春、幅五、六センチの長い楕円の葉の間から三十センチほどの花茎を出し、十個前後の淡紫の花をつける。萼片の紫褐色が特徴。

コメントは受け付けていません。