熊谷草

kumagaisouくまがいそう/くまがいさう
晩春
布袋草/ほろかけぐさ/おおぶくろばな/くまがえさう

【解説】
竹やぶなどに生えるラン科の多年草。対生した葉は扇を広げた形でひだがあり、晩春、紅紫の斑紋がある大きな袋状の花を開く。名は熊谷直実の背負った母衣に例えたもの。別名ホロカケソウ。
【科学的見解】
熊谷草(クマガイソウ)は、北海道西南部から九州に分布する多年生のラン科植物である。現在、ラン科植物は、全体的に減少傾向であるが、本種は特に減少しており、絶滅危惧種となっている。スギ林や竹林を好んで生育することが知られているが、それらの林へ行ってもなかなか見ることができない。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。