金蘭

きんらん
晩春

山麓や山地の林下で自生するラン科の多年草。高さは四十センチ前後。葉は基の部分で茎を包み、長い楕円形で互生する。一・五センチほどの花は開くと鮮やかな黄色で目を引く。花期は四月から五月にかけて。

コメントは受け付けていません。