狐の牡丹

きつねのぼたん
晩春
山狐の牡丹

日本各地に分布。キンポウゲ科の多年草。野原や田の畦、道ばたなどで、少し湿り気のある所を好む。葉が牡丹に似るところからつけられた名前で、黄色の五片の花は一センチほど。コンペイトウのような実をつける。花期は春から秋にかけてと長い。

コメントは受け付けていません。