坐禅草

ざぜんそう/ざぜんさう
晩春
達磨草

サトイモ科の多年草。水辺や田の畦など、栄養分の多い湿った半日陰を好む。四月から五月にかけて、黒紫色の仏炎苞の中に棒状の黄色い花序がでる。僧侶が坐禅している姿から名づけられた。悪臭があり、葉は三十から四十センチくらいの円心形。

コメントは受け付けていません。