狐薊

きつねあざみ
晩春

【解説】
キク科の一年草で、本州以南から朝鮮、オーストラリアなどの温帯まで広く分布。薊に似ているがトゲを持たない。稲作や麦の栽培に伴い日本に入ってきた帰化植物。畑の付近や道ばたに生育する。五月頃薊に似た薄紫色の花をつける。葉の裏には白毛が密生している。
【科学的見解】
狐薊(キツネアザミ)は、平地付近の水田や畑に普通に生育する。茎の先が分枝して、複数の集合花(頭花)を形成する。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。