牡嵩

おとこよもぎ/をとこよもぎ
三春

【解説】
日本全土から朝鮮、中国、インドなどに広く分布するキク科の多年草。日当たりのよい山地や野原などに普通に見られる。高さは五十センチから一メートルくらい。花は小さく目立たない。実はじつに小さく種子をつけないと思われオトコヨモギと名づけられた。葉はヘラ形で先端の部分に深い鋸歯がある。花期は八月から十一月。
【科学的見解】
オトコヨモギは、ヨモギ同様に、日当たりの良い山地や丘陵地で普通に見られる植物であるが、食に適した特徴がないため、あまり知られていない植物である。同じ仲間としては、海岸に生育するハマオトコヨモギが本州北部から北海道にかけて分布している。また、本州中部の高山帯では、草丈の低いミヤマオトコヨモギが生育している。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。