数の子草

かずのこぐさ
晩春

全国の水田やあぜ、湿り気の多いところに生える。分布は広く、日本各地から朝鮮、樺太まで及ぶ。ムギに伴って伝来したと思はれる史前植物。別名ミノゴメ。高さは三十センチから一メートル近くまで伸び、茎は直立してやわらかい。花は沢山の小穂(しょうすい)からなり、この小穂が開く前のつぶつぶが数の子に似ているためこの名がある。イネ科。花期は四月から六月。

コメントは受け付けていません。