甘菜

甘菜/あまな
晩春
山慈姑の花
東北地方以南、四国九州の山野、山麓また落葉広葉樹林や土手などに生えるユリ科の多年草。春、高さ十五センチくらいの花茎に開いた釣鐘形の花を一個つける。六枚の白い花びらの外側には赤紫色の筋があり、葉は細く長く花茎の基につく。葉や鱗茎には甘みがあり食用にもされた。

コメントは受け付けていません。