富貴草

ふっきそう/ふつきさう
晩春
吉字草

山地の林床、庭の木の下などの日陰に生える、ツゲ科の亜低木。一年中葉が青々と茂っているさまを、繁栄に見立てこの名がある。高さ二十から三十センチほど。葉先は荒い鋸歯状で卵形の楕円形をしてをり、真上から見ると輪生状に見える。晩春、茎の先に白い穂状の花序をつける。

コメントは受け付けていません。