筆龍胆

ふでりんどう/ふでりんだう
晩春

日本各地、さらには樺太から東アジアまで広く分布し、日当たりの良い山野や草地に生える二年草。高さは五センチ~十センチくらいで、春、茎の先に紫がかった青色の花を数個つける。花冠は二センチほどで、先は五裂する。丈は低いが、春さき野原などにあるとかなり目立つ。筆の穂先に花が似ていることからこの名がある。

コメントは受け付けていません。