ていれぎ

晩春
大葉種漬花

和名はオオバタネツケバナ。ていれぎは松山市の天然記念物に指定されている。同じアブラナ科のタネツケバナよりも、オランダカラシ(クレソン)に味も形態もよく似てをり、さわやかな辛みが特徴で伊予地方では、刺身のつまなどに用いる。沢沿いや小川のほとりなどに自生し、二十センチから五十センチくらい。

コメントは受け付けていません。