荻の若葉

おぎのわかば/をぎのわかば
晩春
荻若葉/若荻/荻の二葉

荻の芽が成長して、若葉となること。芒によく似ているが、一本立ちなので芒のような株にはならない。
ばせを植てまづにくむ荻の二ばかな
芭蕉「続深川集」

コメントは受け付けていません。