荒布

あらめ
晩春
皺搗芽/二又搗芽/またかじめ/相良芽/荒芽舟/荒芽刈る/荒芽干す

コンブ科アラメ属の海草で、日本海南部、太平洋側岩手以西の比較的浅いところに生育する。発芽から一年ほどは棒状に成長するが、二年目からは茎の上部、葉の上部が枝分かれし、丈は二メートルにもなる。佃煮などにして食す。

コメントは受け付けていません。