露時雨

つゆしぐれ
晩秋

びっしりと露に覆われて、雨が降ったかのような様になること。また、梢などの露が吹かれて時雨のような様を呈すること。

露時雨しぐれんとすれば日の赤き
白雄「白雄句集」

露しぐれ檜原松原はてしなき
蝶夢「熊野脂」

東雲や八十坊の露しぐれ
素丸「素丸発句集」

提灯のぬれてあかるし露時雨
吉田冬菜「閑古鳥」

微熱いまひく摂理かも露時雨
川端茅舎「川端茅舎句集」

コメントは受け付けていません。