雛流し

ひなながし
仲春
雛送り/流し雛/捨雛/雛の舟

三月三日の夕方、紙などで作った雛人形を川や海に流すこと。雛祭の元となった行事であり、紙の人形に穢れを託して流したことに始まる厄払いの行事である。

流し雛堰落つるとき立ちにけり
鈴木花蓑「鈴木花箕句集」

明るくてまだ冷たくて流し雛
森澄雄 「花眼」

コメントは受け付けていません。