馬蛤貝

まてがい/まてがひ
三春
馬刀/竹蟶/馬刃貝/剃刀貝/あかまて/蟶貝

マテガイ科の二枚貝の一種。成貝の殻の長さは十センチくらいで、東北以南の内海の砂浜に見られる。やや緑を帯びた褐色で、二枚合わせると筒状になる。むき身や干物にされる。

水茎の馬刀かき寄せん筆の鞘
嵐雪「或時集」

まてぐしに哀れは馬刀のちからかな
白雄「春秋稿初稿」

面白や馬刀の居る穴居らぬ穴
正岡子規「子規句集」

コメントは受け付けていません。