杉菜

すぎな
晩春
接ぎ松/犬杉葉

トクサ科の多年草シダ植物。北海道から九州にいたるまで日本に広く分布する。春に胞子茎をだす。これが土筆である。胞子茎が枯れると、栄養茎が杉の葉のように伸びるが、これは茎であって、葉は退化している。

今まではしらで杉菜の喰ひ覚え
惟然「鳥の道」

杉苗に杉菜生そふあら野かな
白雄「白雄句集」

すさまじや杉菜ばかりの丘一つ
正岡子規「寒山落木」

コメントは受け付けていません。