十字架祭

じゅうじかさい/じふじかさい
仲秋

六二八年九月十四日、ペルシア王から十字架を奪い返した日とされる。イエスが十字架にかけられて死んだのは、すべての人々の罪を赦すためであり、十字架はキリストの受難の象徴である。キリスト教徒にとって、十字架はもっとも大切なものといえる。

コメントは受け付けていません。