白丁花

はくちょうげ/はくちやうげ
初夏
満天星/ばんていし

アカネ科ハクチョウゲ属の落葉低木。沖縄に自生するほか、生垣などに用いられる。丈は一メートルほどになり。葉は楕円形で肉厚、五月から七月にかけて漏斗状に五裂した白い花をつける。

コメントは受け付けていません。