仏手柑の花

ぶしゅかんのはな
初夏

ミカン科ミカン属の常緑樹でインド原産の柑橘類。初夏に白や薄紫の五弁の花をつける。実が、細かく分かれて手のように見えることからこの名がある。

コメントは受け付けていません。