夏蜜柑の花

なつみかんのはな
初夏

江戸時代中期に山口県に漂着した果実の種子が夏みかんの起源。明治時代に全国に普及。別名「夏柑」、「夏橙」、明治末から次第に「夏蜜柑」と呼ばれるようになる。五月、香気を放つ白い五弁の花を咲かせる。庭木としても利用される。

コメントは受け付けていません。