パパイヤ

ぱぱいや
三夏
パパヤ

【解説】
パパイア科パパイア属の常緑小高木の果実をいう。メキシコ南部原産で、熟すると黄色くなる。真ん中の黒い種を取り除いて、独特の甘味がある果肉を食する。完熟してない青い果実は、野菜として調理に利用するところもある。
【科学的見解】
パパイヤは、常緑性の樹木で、雌雄異株となる。沖縄では、未熟果が収穫され、野菜として炒め物料理を中心に活用されている。パパインというタンパク質分解酵素が含まれているため、肉料理に用いると肉が柔らかくなる。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。