麦藁章魚

むぎわらだこ
仲夏
麦藁蛸

麦が色づく季節の蛸をいい、この頃に味が良くなる。京都などの夏祭には「麦藁蛸に祭鱧」ともてはやされる一方、薄が花穂を見せる頃には「尾花蛸」と呼ばれ、味が落ちる。

コメントは受け付けていません。