長辛螺

ながにし
三夏
さかさほほづき

イトマキボラ科の巻貝。高さ十四センチ、幅四センチ程度。房総半島以南の海浜の砂底にすむ。殻は白色で黄色のビロード様の殻皮に覆われる。その卵嚢は海酸漿の一つとなる。

コメントは受け付けていません。