海酸漿

うみほおずき/うみほほづき
三夏
長刀酸漿/軍配酸漿/南京酸漿

海産の巻貝類が産む卵嚢の総称。半透明の革質で非常に丈夫である。これを色染めしたものが夜店や海水浴場などで売られ、ホオズキと同じく口に含んで鳴らして遊ぶ。

海ほゝづき口にふくめば潮の香
杉田久女「杉田久女句集」

海ほゝづき流れよる木にひしと生え
杉田久女「杉田久女句集」

海ほゝづき鳴らせば遠し乙女の日
杉田久女「杉田久女句集」

コメントは受け付けていません。