いちいがしの花

いちいがしのはな/いちひがしのはな
仲夏
櫟子/いちひがし
ブナ科コナラ属の常緑高木で暖地の山地に自生し、大きいもの で高さが三十メートルにもなる。四月から五月にかけて緑黄色の 雄花が紐状に垂れ下がる。雌花は目立たない。

コメントは受け付けていません。