さいかちの花

さいかちのはな
仲夏
【解説】
さいかちはマメ科サイカチ属の落葉高木。山野に自生し、高さ十 五メートルほどになる。樹皮と分枝した鋭い棘を持つ。六月ころ 葉の間から総状花序を出し、黄緑色の小さな花をつける。同じ株 に雌花、雄花、両性花をつける
【科学的見解】
サイカチは、本州から九州の原野の水辺に生育し、羽状複葉の葉と幹から生じた鋭い刺が特徴的な樹木である。マメ科植物の多くは、蝶形花冠を形成するが、本種は蝶形花冠とならない。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。