呉茱萸の花

ごしゅゆのはな
仲夏
かははじかみ/からはじかみ

呉茱萸はミカン科ゴシュユ属の落葉小高木。高さは五メートルく らい。全体に毛が多く、独特の臭気を持つ。五月から六月にかけ て枝先に緑白色の五弁花を多数咲かせる。秋に熟す非常に苦い果 実は健胃剤などに利用される。

コメントは受け付けていません。