犬枇杷

inubiwaいぬびわ/いぬびは
晩夏
小無花果/山枇杷/天仙果
【解説】
犬枇杷はクワ科イチジク属の落葉低木。山地に自生し、高さ四メ ートルくらいになる。四月から五月にかけて葉腋に花を一つつける。 雌雄異株。雌花は秋に果実となり、熟すと食べられる。
【科学的見解】
犬枇杷(イヌビワ)は、イチジクの仲間であり、関東以西から沖縄に分布する暖地性の植物である。別名イタビとも言われる。花は、果実の中に隠れており、花粉の媒介については小さなハチの仲間イチジクコバチ類に依存している。沖縄では、イヌビワの仲間が複数種存在している。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。