臼の実

うすのみ
三夏
【解説】
臼の木はツツジ科スノキ属の落葉低木。日本各地の山地に自生し、 高さは一メートルほどになる。四月から五月にかけて緑白色に淡 紅色のすじが入った花をつけ、夏、蕚を残して実が赤く熟す。実 が臼の形に似ることからこの名がある。
【科学的見解】
臼の木(ウスノキ)は、北海道から九州の山地の日当たりの良い岩場に自生する落葉低木である。ツツジ科植物は、独自の菌類と共生しているため、乾燥しがちな岩場でも生育できると思われる。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。