鼠黐の花

ねずみもちのはな
三夏
女貞の花/やぶつばき

鼠黐はモクセイ科イボタノキ属の常緑低木。庭園や生垣に植えら れるが、山野に自生するものもある。高さは八メートルくらいに なり六、七月頃、白い四裂の小花が円錐状花穂を作る。秋から冬 にかけて、七八ミリくらいの実が、ねずみ色に熟す。

コメントは受け付けていません。