柾の花

masakinohanaまさきのはな
三夏

柾の花(まさきのはな)【解説】
柾はニシキギ科ニシキギ属の常緑小高木。日本各地の沿岸部に自 生し、高さは二メートルから五メートルくらい。六月から七月に 葉腋から集散花序を出し五ミリほどの緑白色の小花をつける。実 は熟すと縦に裂け中から赤い種が現れる。
【科学的見解】
柾(マサキ)は、北海道から沖縄までの海岸付近に自生する常緑樹である。剪定などにも強く、葉が密に生えることから、庭木や生垣としても植栽利用されている。斑入りのものや黄色い葉など様々な園芸品種が存在する。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。