ユーカリの木

ゆーかりのき
三夏

ユーカリの木【解説】
ユーカリはフトモモ科ユーカリ属の常緑高木。原産地はオースト ラリアで日本でも育てられている。高さは二十メートルから三十 メートル。四月から五月にかけて葉腋に三センチほどの白い花を 一つつける。蕚片が落ちたあと淡黄色のたくさんのおしべが目を 引く。
【科学的見解】
ユーカリは、オーストラリア全域に500種以上存在することが知らてており、それらの一部の種が日本に導入されている。日本では、主に公園木として植栽されており、葉にレモンに似た香りを有するレモンユーカリや切花用として利用されているツキヌキユーカリやギンマルバユーカリなどが見られる。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。