野坡忌

やばき
仲冬
小楠公忌

蕉門十哲の一人、志太野坡の忌日。陰暦正月三日。別号に野馬、 樗子(ちょし)。「軽み」の俳風では随一といわれた。其角に俳 諧を学んだのち芭蕉に入門、「炭俵」を編集した。芭蕉没後大阪 に移り、西国に多くの門人を得た。元文五年(一九四〇年)七十 九歳で没。

コメントは受け付けていません。