豊国忌

とよくにき
晩冬
歌川豊国忌

江戸時代後期の浮世絵師、初代歌川豊国の忌日。陰暦 正月七日。本名、倉橋熊吉、号は一陽斎。歌川派の創始者歌川豊 春の元で学び、役者絵や美人画で絶大な人気を得た。文政八年 (一八二五年)五十七歳で没。

コメントは受け付けていません。