羅山忌

らざんき
晩冬

江戸時代初期の儒学者、林羅山の忌日。陰暦正月二十三日。朱子 学者として、万物は「理」と「気」から成るとする理気二元論を 説き、武家諸法度をはじめ、幕府の外交に係わった。士農工商の 身分制度を正当化した。明暦三年、七十五歳で没。

コメントは受け付けていません。