寒苦鳥

かんくちょう/かんくてう
三冬
雪山の鳥

インドの大雪山に棲むと言われる想像上の鳥。夜の寒さに耐えか ね、こんなに寒い目をするなら、あす早速、寒さをしのぐ巣を造 ろうと啼くが、いざ夜が明けると無情の世に巣など造ってなんに なると言って怠けるとされる。怠けものの譬えになる鳥である。

寒苦鳥の声に脉見る山路かな
鬼貫「野梅集」

酒買へと啼きすすむるや寒苦鳥
才麿「塵の香」

かんこ鳥は賢にして賤し寒苦鳥
蕪村「蕪村句集」

声悲し雪に幾日の寒苦鳥
伊藤松宇「松宇家集」

コメントは受け付けていません。