鷦鷯


みそさざい
三冬
三十三才/冑蝶/巧婦鳥

スズメ目ミソサザイ科ミソサザイ属。縞模様の入った茶褐色の体 色で、全長は十センチ程度。尻尾を鋭角に上げる。平地や里に近 いい山中に棲み、非繁殖期には民家にも入り込む。

笹垣のどちらに啼くぞみそさざい
去来「草刈笛」

夕ぐれや井戸から出たる鷦鷯
許六「正風彦根躰」

身ひとつを里に来鳴くか鷦鷯
凡兆「柞原」

足がろに竹の林やみそさざい
惟然「枯尾花」

夕暮れの篠のそよぎやみそさざい
蓼太「蓼太句集初編」
竹伐りの股くぐりけりみそさざい
闌更「三傑集」

積みかへる榾に敷かれなみそさざい
樗堂「萍窓集」

雪花をまぶたにつけてみそさざい
梅室「梅室家集」

ひとり来てひとり動けり三十三才
森澄雄 「餘日」

コメントは受け付けていません。