霜月鰈

しもつきがれい/しもつきがれひ
仲冬
寒鰈

カレイ科。カレイには多くの種類がある。砂浜から沖合いまで棲 むところは様々。産卵期は種類により異なるが、石鰈と真子鰈は 晩秋から冬に産卵のため深海から浅場に移動してくる。十一月か ら獲れる冬の鰈を霜月鰈と呼ぶ。様々な調理に耐え非常に美味。 石鰈は体長約三十センチで眼の廻りに二、三列の石状の突起があ る。大きなものは五十センチにも達する。

コメントは受け付けていません。