雪棹

ゆきざお/ゆきざを
晩冬

雪竿/雪尺/スノーポール
積雪量を測るため、雪に立てておく目盛のついた棹のこと。道路 と側溝の境に立てて目印としたり、校庭などでは、百葉箱の脇に 立てられたりする。

雪竿や船路に倦みし佐渡が島
東几「新類題発句集」

コメントは受け付けていません。