清水(しみず、しみづ) 三夏

【子季語】
真清水、山清水、岩清水、底清水、苔清水、草清水、清水汲む、清水掬ぶ、清水茶屋
【解説】
岩陰から天然に走りでる水や、流れる水、湛えられた水。また地下から湧き出てくる清冽な水をいう。 清水のある場所やその状態により山清水、岩清水、草清水、苔清水などという。

*

城跡や古井の清水まず問はん 
芭蕉  「真蹟懐紙」

湯をむすぶちかひもおなじ石清水
芭蕉  「陸奥鵆」

底清水心の塵ぞしづみつつ
嵐雪  「玄峰集」

月山や鍛冶が跡とふ雪清水
曾良  「雪まろげ」

青あをと見えて底根のある清水 
千代女 「千代尼尺牘」

石工の鑿冷し置く清水かな
蕪村  「果報冠者」

あとざまに小魚流るる清水かな 
几董  「普明集二稿」

底見えて小魚も住まぬ清水哉
正岡子規 「子規全集」

岩つかみ片手に結ぶ清水哉
正岡子規 「子規全集」

底の石動いて見ゆる清水かな
夏目漱石 「漱石俳句集」

岩清水十戸の村の筧かな
夏目漱石  「漱石俳句集」

コメントは受け付けていません。