氷室(ひむろ) 晩夏

【子季語】
氷室守、氷室の山、氷室の雪
【解説】
冬の天然氷を夏まで貯蔵するための室または洞穴。それを守る人が氷室守。『日本書紀』にすでに記述がある。春は四月から九月にかけて、各地の氷室から宮中に氷が献上された。現在も一部の地方に氷室がある。

*

水の奥氷室尋ぬる柳かな
芭蕉 「曽良書留」

神秘(じんぴ)そも人にはとかじ氷室守
蕪村 「夜半臾句集」

六月を桜に知るや氷室もり
蓼太 「蓼太句集」

氷室山雲鎖す木々の雫かな
大須賀乙字  「乙字俳句集」

氷室守清き草履のうらを干す
前田普羅 「定本普羅句集」

日はしんと空の深みに氷室跡
長谷川櫂 「天球」

ひややかに神のこもれる氷室かな???
長谷川櫂 「新年」

コメントは受け付けていません。