端午(たんご) 初夏

【子季語】
端午の節句、重五、五月の節句、菖蒲の節句、菖蒲の節会、初節句、菖蒲の日
【解説】
旧暦の月の端(はじめ)の午(うま)の日の意。現代では多くは新暦の五月五日に祝う。邪気を払うといわれる菖蒲や蓬を軒に吊るしたり、菖蒲湯に入ったりする。又、「菖蒲」と「尚武」の読みから、近世以降は男子の節句となった。

*

風さけて入り日涼しき菖蒲の日 
千代女 「真蹟」

四辻や匂ひ吹きみつあやめの日
闌更  「半化坊発句集」

孫六が太刀の銘きる端午かな 
鳳朗  「鳳朗発句集」

コメントは受け付けていません。