あさ
晩夏
大麻/麻畑/麻の葉/麻の花

アサ科の一年草、大麻の別称。夏には二メートル程の茎に、深い切れ込みのある葉をつけ繁茂する。
晩夏に刈り取り、茎の皮は蒸して繊維を取り乾燥させて麻糸にする。皮を剥いだ後の茎は苧殻といい、盆の迎え火、送り火に使う。

ゆり出す緑の波や麻の風
惟然 「菊の香」

麻の香のくるも涼しや寺の庭
北枝 「柞原」

しののめや露の近江の麻畠
蕪村 「蕪村句集」

夕暮やかならず麻の一嵐
正岡子規 「子規句集」

コメントは受け付けていません。