冬構

ふゆがまえ/ふゆがまへ
初冬

冬の寒さが厳しい地方では、風除けや雪除けを家の周囲に施し、本格的な冬に備える。庭木なども雪吊や藪巻きがなされ、家屋敷全体が鎧ったようになる。これを冬構えという。

山畑や青みのこして冬構へ
去来 「裸麦」

古寺の簀子も青し冬構へ
凡兆 「猿蓑」

一つ戸や雀はたらく冬がまへ
曾良 「続雪まろげ」

一村は藪にこづむや冬構へ
野坡 「裸麦」

あるだけの藁かゝへ出ぬ冬構
村上鬼城 「定本鬼城句集」

奥山の芒を刈りて冬構へ
前田普羅  「新訂普羅句集」

桐の実の鳴りいでにけり冬構
芝不器男 「不器男句集」

倶利伽羅の四軒の茶屋や冬構
山口花笠 「春夏秋冬」                           

コメントは受け付けていません。