夜着

よぎ
三冬
掻巻/小夜着

着物の形をした袖のある掛け布団のこと。綿が入っていて温かい。寝る時、その袖に手を通せば襟から寒気が入ることもない。

ひとり寝や幾度夜着の襟を噛む
来山 「ふたつ笠」

夜着ひとつ祈り出だして旅寝かな
芭蕉 「葛の松原」

しつとりと雪もつもるや木綿夜着 
許六 「正風彦根躰」                           

コメントは受け付けていません。