寒復習

かんざらい/かんざらひ
晩冬
寒ざらへ/寒習

歌舞音曲などの稽古を寒中に行なうこと。厳しい寒さにたじろがぬ姿勢が精神力を鍛え、技の上達を促すということ。

ままつ子や灰にイロハの寒ならひ
一茶 「九番日記」

旭にあうてみだれ衣や寒ざらへ
芝不器男 「不器男句集」                           

コメントは受け付けていません。