朝凪

あさなぎ
晩夏
朝凪ぐ

夏の朝、海岸地帯で、海風と陸風が吹き変わるときの無風状態をいう。海面はべた凪となる。陸と海の気温差をなくすために起こる現象で、朝凪が過ぎると海風が吹き出す。

コメントは受け付けていません。